システム構成は効率に決定的な影響を与えます。サルバニーニのIoTソリューションであるLINKSのデータは、レーザーシステム単独機の効率が一般的に60%を超えないことを示しています。このパラメーターは仕様によって異なります。自動化されたシステムの平均効率値ははるかに高く、水平方向の搬入/搬出ソリューションでは80%に達し、LTWS倉庫タワーを考慮すると90%にも達します。

LTWSおよびLTWS Compact倉庫タワーは、無人モードでの素材の搬入、搬出、および保管用に設計されています。コンパクトなサイズで、サイクルタイムが非常に短く最大50秒です。搬入装置と搬出装置はそれぞれ独立しており、非常に高速な切断プログラムでも加工効率が向上します。

自律性は、 ジャストインタイム生産に欠かせない、さまざまな材料や板厚が利用できること、またSTOREソフトウェアにより、加工後の材料を載せるトレイとして空の搬入トレイを識別できることによって実現されます。少量かつ急速な生産変更が特徴的な状況では、LTWSが勝利への最適な選択肢です。

LTWS倉庫タワーは、自動MCUまたは手動TNなどの仕分け装置を装備すると、さらに優れたパフォーマンスを発揮します。仕分けソリューションの詳細については、専用ウェブページをご覧ください。