プレスブレーキ

B3

B3は、電気式および油圧式プレスブレーキの機能と利点を、サルバニーニの自動化、ソフトウェア、メカニクスおよびエレクトロニクスに関する深い知識と組み合わせて設計されました。

詳細はこちら
ROBOformER

サルバニーニのロボット化されたベンディングセル。様々な仕様が選択でき、B3プレスブレーキ、ロボット、自動材料ハンドリングのための多数の装置で構成されます。

詳細はこちら

拡張性の高い自動化

プレスブレーキの稼働率を大幅に向上させるため、サルバニーニは4つの自動化装置を開発しました。ATAATA.Lは自動的にパンチ長とダイ長を調整し、MVMは自動的にダイ巾を調整し、AU-TOは自動的に金型をセットアップします。

ダイレクトドライブ

ラムの動きは、2つの独立したダイレクトドライブブラシレスモーターによって駆動されます。これにより、250 mm/sもの最大上昇/下降速度の両方を実現できます。

エネルギーリカバリーシステム

B3は、余分なエネルギーを回収し、それを後続のステップで再利用する独自のシステムを装備することで、同じ消費量で加速し、より高速に達することができます。

FACE

インテリジェントデザイン、直感的で使いやすいインターフェースFACEは、オペレーターと機械間の情報伝達をスムーズにするためのシンプルで直感的な新しいインターフェースで、プレスブレーキの操作上の複雑さを最小限にします。

比類なきストローク

サルバニーニは、すべての生産要件を満たし、プレスブレーキを最大限に活用するため、サイズに応じて300〜450 mmのストロークで、幅広い機種を提供しています。

ソフトウェア

産業は時代と共に変化し、現代において柔軟性と効率は、ますます小さくなっているロットサイズや速い製品番号の回転率の管理に対する基本的要件です。 そして、テクノロジーの発展は何らかの形で負荷を生んでおり、それはますます高速化する最新のシステムでさえもプログラムが専用化される事から、結局その運用にかなりの労力を要するようになっているためです。機械の効率向上のためにソフトウェアがますます重要になってきているのはこれが理由です。

STREAMは近代産業のニーズに対してサルバニーニが提示するソリューションであり、反応性を向上させ、コストを削減し、操作誤差、加工工程の無駄を減らすプログラミングスイートです

OPSはサルバニーニのモジュラー生産管理ソフトウェアです。生産プロセス全体を最適化し、機械と工場のERP/MRPの間で リアルタイムの情報をやり取りします。

LINKSは、プレスブレーキの効率性を高めるサルバニーニのグローバルIoTソリューションです。このソフトウェアによって、機械性能のリアルタイムでのモニタリングや、独立した分析が可能になります。

ご質問はございますか?