パネルベンダー

P1

8m2 に収まるコンパクトなサイズと、最大でも3kWhまでの消費電力を特徴とするP1は、サルバニーニパネルベンダーのスタンダードな特性をすべて備えており、高い生産性と柔軟性、また特許取得済みのキネマティクス(動力システム)を融合させています。

詳細はこちら
P2

P2は、サルバニーニパネルベンダーの特徴である高い生産性と柔軟性は勿論、その高い技術力、低消費電力、コンパクトなレイアウトが大きな魅力です。

詳細はこちら
P4

P4 は、その仕様構成の可能性と性能の高さが大きな魅力です。生産性と柔軟性が高く、単体稼動だけでなくフレキシブルセルでの作業、自動化工場への設置も可能です。

詳細はこちら

パネルベンダーの仕組みとは?

上下の曲げ刃は、制御された動作で曲げを行う2つの金型です。

特殊ブランクホルダー自動設定装置は曲げ刃やカウンターブレードと同時に動作し、正確かつ効率的に材料を固定して曲げます。機械停止時間や手動による金型交換なしに、サイクル中生産されるパーツのサイズに応じて金型の長さを調整します。ブランクホルダーの形状から最大45 mmまでのリターン曲げが可能です。

カウンターブレードはサイクル中に材料の固定を補助します。

上下の曲げ刃は、制御された動作で曲げを行う2つの金型です。

 上曲げ刃
 自動ブランクホルダー
 カウンターブレード
 下曲げ刃

パネルベンダー.com 

サルバニーニジャパンが運営するパネルベンダー専門サイト

オペレーションモード:簡単で素早く無駄のない加工

制御されたブレードの動作によって材料の各側面の曲げ加工が行われます。

フレキシブルな自動化

上下の曲げ刃、カウンターブレードおよびブランクホルダーは、加工中、機械停止時間や手動による金型交換なしに、あらゆる種類の板厚や0.4~3.2mmの加工可能な材料の処理に使用する4つの万能汎用金型です。

サルバニーニ独自の曲げの公式

長年にわたって開発された曲げの公式は、動力を定義し、万能汎用金型の動きを管理し、たわみ、温度、板厚を含むさまざまなパラメーターをリアルタイムに解析し、完成品の高い精度、繰り返し精度、品質を実現します。

自動マニピュレーター:高速で正確な処理

全加工サイクルを通して迅速に、完全自動で材料を動かし、操作し、把持し、回転させます。サイクル中オペレーターの手動介入を必要としません。オペレーターは材料を作業テーブルに置き、曲げ加工後に製品を回収する、搬入と搬出操作のみを行います。

MAC3.0

MAC3.0は、サイクル中に材料の特性の公称値と比較して加工する材料のばらつきを検出し、それを補正するようベンディングユニットとマニピュレーターの動きを調整します。

FACE

インテリジェントデザイン、直感的で使いやすいインターフェースFACEは、全製品対応のサルバニーニのヒューマンマシンインターフェースです。

P-ROBOT

P-Robotは、サルバニーニのパネルベンダーとロボットを組み合わせた新しいアプリケーションです。キット生産(セット流し)、ロット生産、1品生産を自律的に行います。

ソフトウェア

産業は時代と共に変化し、現代において柔軟性と効率は、ますます小さくなっているロットサイズや速い製品番号の回転率の管理に対する基本的要件です。 そして、テクノロジーの発展は何らかの形で負荷を生んでおり、それはますます高速化する最新のシステムでさえもプログラムが専用化される事から、結局その運用にかなりの労力を要するようになっているためです。機械の効率向上のためにソフトウェアがますます重要になってきているのはこれが理由です。

STREAMは近代産業のニーズに対してサルバニーニが提示するソリューションであり、反応性を向上させ、コストを削減し、操作誤差、加工工程の無駄を減らすプログラミングスイートです

OPSはサルバニーニのモジュラー生産管理ソフトウェアです。生産プロセス全体を最適化し、機械と工場のERP/MRPの間で リアルタイムの情報をやり取りします。

SalvagniniのIoTソリューションであるLINKSは、パネルベンダーの全体効率を高めます。このソフトウェアによって、機械性能のリアルタイムでのモニタリングや、独立した分析が可能になります。

ご質問はございますか?